ホーム > 沖縄の工芸展

沖縄の工芸品に触れる、貴重で希少なプレミアムイベント。
「うとぅいむち(おもてなし)の心で」お迎えいたします。

イベントプログラム

9.6fri
12:00~12:20 琉舞披露
13:00~13:30 沖縄工芸ゆんたく広場
14:00~14:40 映画「沖縄工芸パラダイス」上映会
15:40~16:00 三線ミニライブ

9.7sat
12:00~12:40 映画「沖縄工芸パラダイス」上映会
13:00~13:30 沖縄工芸ゆんたく広場
14:00~14:40 研究家 賀数仁然による「沖縄の工芸と歴史」
15:40~16:00 三線ミニライブ
16:40~17:20 工芸品を使った新商品開発/OKINAWA CRAFT LABO.

9.8sun
11:00~11:20 琉舞披露
12:00~12:30 三線唄会
13:00~13:40 沖縄工芸ゆんたく広場
14:00~15:00 映画「沖縄工芸パラダイス」上映会&トークショー
15:40~16:00 三線ミニライブ

映画「沖縄工芸パラダイス」   「沖縄の工芸と歴史」
賀数 仁然(かかず ひとさ)
沖縄県内16の工芸産地の皆さまにインタビューさせていただいた内容をもとに構成された「工芸の島沖縄」を体感できるドキュメンタリー映画。
※上映時間 約35分
  早稲田大学大学院 人間科学研究科修了(生命科学専攻)。世界遺産にまつわる琉球王国の歴史文化とエンターテイメントの融合をテーマに琉球・沖縄の歴史文化を様々なメディアを通して発信中。

沖縄工芸ゆんたく広場

工芸産地の皆さんに、工芸の素晴しさや、工芸に関わることの魅力を【ゆんたく(お話)】していただくプログラムです。

9.6fri
13:00~13:30 喜如嘉の芭蕉布、首里織、壺屋焼、ウージ染め

9.7sat
13:00~13:30 八重山上布(石垣)、宮古上布、琉球絣・南風原花織、三線

9.8sun
13:00~13:30 琉球びんがた、読谷山花織、久米島紬、知花花織、八重山ミンサー(竹富)

実演コーナー

実演コーナーではそれぞれの産地の職人による沖縄の自然・文化の中で受け継がれてきた手技を間近でご覧いただけます。

苧績み/宮古上布

苧績み/喜如嘉の芭蕉布

絣くくり/久米島紬

捺染上布の経糸染め
(綾頭染め)/八重山上布

龍巻水盤、チブルシーサー
製作/壺屋焼

体験コーナー

  • 読谷山花織 【 コースター製作体験/1枚1,000円】 ※1日10名様限定
  • 琉球絣 【コースター製作体験/1枚1,000円】 ※1日10名様限定
  • 琉球びんがた ※10:30~16:00(休憩12:00~13:00)
    【コースター製作体験/1枚1,000円 約30分】
    【トートバッグ(小)製作体験/1枚2,000円 約60分】
  • 三線 【三線演奏体験/参加無料 約30分】 ※1回あたり約5名様
    9/6(金)①11:00〜11:30 ②12:30〜13:00 ③14:50〜15:20
    9/7(土)①10:30〜11:00 ②12:30〜13:00 ③14:50〜15:20
    9/8(日)①11:00〜11:30 ②12:30〜13:00
  • 壺屋焼 【ドームシーサー作り体験/3,500円(送料込)】 ※1日10名様限定
  • ウージ染め ※10:30~16:00(休憩12:00~13:00)
    【色さし(捺染)体験/コースター 700円 】
    【色さし(捺染)体験/巾着 1,500円 】

沖縄の工芸品をプレゼント

沖縄の工芸品が当たる先着プレゼント実施!!

実演コーナー

期間中に沖縄から本場の職人が三線のメンテナンスを承ります。

映画 沖縄の工芸パラダイス

沖縄県には国指定の伝統的工芸品が16存在する。
平成最後の年末年始、そんな沖縄工芸を訪ねる旅をした。
各産地では工芸とともに生きる職人たちが、この世界に入ったきっかけ、その深淵なる魅力、自身の工芸人生、そして工芸の未来を担う後継問題を語る。
工芸品が伝えてきた歴史と文化、そして先人から伝えられてきた思い。
沖縄の自然を背景に語られる、沖縄工芸、人とものの物語。

監督:長谷川 亮

1977年、東京都出身。
早稲田大学卒業後、雑誌編集部勤務を経てフリーライターとなり活動。格闘技を主なフィールドに取材・執筆を行い、映画関連の記事も手掛け始め、ワークショップ参加を経て映画制作を開始。これまでの作品にシルベスター・スタローンに魅入られた人々を追った 『We love you, スタローン』 (16)、現存する沖縄最古の映画館を描いた『琉球シネマパラダイス』(17)。沖縄訪問は36回を数える(令和元年5月1日現在)。

撮影:東 将寛

1977年、大分県出身
旅や日常で出会った風景を記録するため写真を始める。やがて広告写真の道へ進み、映画『てぃだかんかん』の写真、ポスターなど作品多数。現在は音楽ユニット「Harukaze東風」を率い、写真と音楽でのライブ活動、映画音楽、楽器制作と活動の場を広げている。

音楽:Harukaze東風

東 将寛(ごったん:板三味線/笛/ギター作編曲)と、比嘉 久美子(三線/唄/太鼓)によるアコースティック音楽ユニット。究極のリズムアンサンブルと伝統楽器が織りなす素朴な音は心の原風景にいざなう。
沖縄県内での定期的な演奏活動のほか、台湾への演奏ツアーを積極的に行っている。また、東は竹材の確保から制作・調律と、演奏する笛を自らの手で全行程に渡り手掛けている。

MAP

map