ホーム > 産地紹介 > 宮古上布

宮古上布

起源は16世紀後半に自生の苧麻を用いて織ったのが始まりです。
糸は細かく、絣模様は精微で、藍染め、手績み糸、手織り等、昔ながらの手法で作られ、夏物着尺を代表する高級紺上布として珍重されています。
原材料 手績みの苧麻糸
主な製造地 宮古島市、多良間村村
主な製品 着尺
生産者組合 宮古織物事業協同組合