ホーム > 産地紹介 > 三線

三 線

三線は、14世紀にルーツとされる三弦が中国より伝えられたと考えられています。
貝摺奉行所の名工により琉球独自の発展を遂げ、現在では沖縄の文化芸能に不可欠な楽器となっています。
棹には黒檀等の堅い木材を使用し、胴にはニシキヘビの皮等を張っています。
シンプルな形状ゆえに、高度な製作技術が求められます。
原材料 黒檀、紫檀、ユシ木、イヌマキ、ニシキヘビの皮 等
主な製造地 沖縄県全域
主な製品 主要な型として、南風原型・知念大工型・久場春殿型・久葉の骨型・平仲知念型・真壁型・与那城型
生産者組合 沖縄県三線製作事業協同組合