ホーム > 産地紹介 > 首里織

首里織

琉球王朝の古都として栄えた首里では、南方諸国や中国の影響(15世紀頃)を受け、絣、花織、道屯織、花倉織、ミンサー等、独特の織物が織られています。
王朝時代より織り継がれた手織りの醸し出す温かい肌ざわりで珍重されています。
原材料 絹糸、綿糸、麻糸、芭蕉糸
主な製造地 那覇市、西原町、南風原町
主な製品 着尺、帯地、飾布
生産者組合 那覇伝統織物事業協同組合