ホーム > 産地紹介 > 小木工
小木工

小木工

昭和50年代に入り、リュウキュウマツやイタジイ等の樹木を用いた小木工産業が興りました。
挽物技術や指物技術等の木地加工技術の進歩と塗装技術の革新により木肌を活かした木工品が生活の中に用いられるようになりました。
原材料 リュウキュウマツ、センダン、テルハボク他
主な製造地 沖縄本島一円、石垣市、西表島
主な製品 盆、鉢、遊具、アクセサリー、小家具 他