ホーム > 産地紹介 > 知花花織

知花花織

旧美里村で祭事の衣装や晴れ着として織られていました。
19世紀後半には技術・技法は確立され定着していたと考えられます。
多くの花織は緯浮花織であるのに対して知花花織は経方向に文様が浮く経浮花織です。
原材料 綿糸、絹糸、琉球藍、ヤマモモ、サルトリイバラ、ビワ
主な製造地 沖縄市
主な製品 着尺、帯地、テーブルセンター、他小物類
生産者組合 知花花織事業協同組合