ホーム > 産地紹介 > 壺屋焼

壺屋焼

1682年、知花窯、湧田窯、宝口窯の三つの窯が現在の壷屋に移設統合されたのが始まりです。
製品は荒焼と上焼に大別され、前者には、無釉の比較的大きな製品があり、後者には釉薬を施し沖縄独特の絵付模様の製品が多くみられます。
原材料 島尻粘土、喜瀬粘土、古我知粘土、石川粘土、前兼久粘土、山田粘土、喜名粘土、安富祖粘土
主な製造地 那覇市、恩納村、読谷村
主な製品 飲食器、抱瓶、獅子、壷、ジーシ甕他
生産者組合 壺屋陶器事業協同組合