ホーム > 産地紹介 > うらそえ織
うらそえ織

うらそえ織

うらそえ織とは浦添市で育てた桑を食べて育った蚕(かいこ)が、作った繭(まゆ)から糸をひき、「染」「織り」に至るまで、一人の織り手が全てを行っています。
丁寧に手びきした糸には、「まゆ糸」がもっているウェーブがそのまま残っているのが特徴です。
機械でひいた糸とは違い空気を含んでいる為、ふっくらとした良質の糸になり、着心地のよい豊かな布に仕上がるのです。
原材料 絹糸
主な製造地 浦添市
主な製品 かりゆしウェア、ネクタイ、飾布 他
生産者組合 うらそえ織協同組合