ホーム > 産地紹介 > 八重山上布・八重山ミンサー

八重山上布

起源は未詳ですが、記録の上では17世紀初めの薩摩への貢納布として知られています。
苧麻を原料として、絣は手くくり又はすり込み捺染で、染料は琉球藍、紅露などの植物染料を用いています。
白地に絣が浮かぶ夏物の白上布です。
原材料 苧麻糸、手績みの苧麻糸
主な製造地 石垣市、竹富町
主な製品 着尺
生産者組合 石垣市織物事業協同組合
竹富町織物事業協同組合

八重山ミンサー

起源は未詳です。綿糸をインド藍、琉球藍、フクギ、紅露等の植物染料で染めた絣織物です。
たてうね織の一種で、主に南国的な明るさを持つ帯、ネクタイや袋物を生産しています。
五つの絣と四つの絣が交互に配され、「いつの世までも末永く」という意です。
原材料 綿糸
主な製造地 竹富町、石垣市
主な製品 帯、ネクタイ、他
生産者組合 竹富町織物事業協同組合
石垣市織物事業協同組合