ホーム > 産地紹介 > 読谷山花織・読谷山ミンサー

読谷山花織

起源は15世紀頃、琉球王府の御用布として、読谷以外の一般庶民は着用できませんでした。
生糸、綿糸を素材に幾何学模様を色糸で浮かせ、それに絣や縞・格子をあしらった南国的な織物です。
原材料 絹糸、綿糸
主な製造地 読谷村
主な製品 着尺、帯地、テーブルセンター
生産者組合 読谷山花織事業協同組合

読谷山ミンサー

起源は花織と同時期で南方の影響が濃く表されています。
綿糸を素材として、たてうね織で、整経された経糸に竹串などを用いて浮文様を織り出しています。
「ミンサー」とは細帯を意味します。
原材料 綿糸
主な製造地 読谷村
主な製品
生産者組合 読谷山花織事業協同組合