ホーム > 産地紹介 > 与那国織

与那国織

起源は定かではありませんが、15世紀末の記録が残されています。
与那国花織、与那国ドゥタティ(縞織物)、与那国カガンヌブー(ミンサー)、与那国シタディ(手巾)の4種の織物があります。
原料は絹糸、綿糸、麻糸などで、染料は地元の植物染料を用いています。
原材料 絹糸、綿糸、芭蕉糸、麻糸
主な製造地 与那国町
主な製品 着尺、帯、手巾、テーブルセンター等
生産者組合 与那国町伝統織物協同組合