沖縄の工芸

facebook twitter
ホーム > 産地紹介 > 喜如嘉の芭蕉布

喜如嘉の芭蕉布

起源は13世紀頃、糸芭蕉の原皮からとれる糸を手で績み、絣糸を手くくりし、琉球藍、車輪梅等の植物染料で染め、織りあげます。沖縄固有の織物で、軽くてさらりとした風合いが古くから人々に愛されています。
原材料 芭蕉糸
主な製造地 大宜味村
主な製品 着尺、帯地、飾布
生産者組合 喜如嘉芭蕉布事業協同組合